宇都宮・清水・陽来法律事務所

宇都宮 純子
うつのみや・じゅんこ

宇都宮 純子

宇都宮・清水・陽来法律事務所パートナー。2000年に弁護士登録後、大手法律事務所にて、国内外の依頼者のM&Aを中心に幅広く企業法務を取り扱う。企業における勤務経験、弁護士・社外役員としての企業活動への関与の中で、マネジメント層の悩みや本音をより身近に感じるようになり、当事者目線でのサービスの拡充のため当事務所の前身である宇都宮・清水法律事務所を設立。「ともに解決策を探す」をモットーに、お客様へのより良いサービスの提供を目指す。第一東京弁護士会所属。ニューヨーク州弁護士。

所属
第一東京弁護士会、ニューヨーク州弁護士(登録名: Junko Morita)、国際私法学会
経歴
1996年東京大学法学部卒業
2000年弁護士登録(第一東京弁護士会)、長島・大野・常松法律事務所入所
2005年米国コロンビア大学ロースクール修士課程(LL.M.)修了
2007年東京証券取引所上場部勤務(出向)(2009年まで)
2011年宇都宮総合法律事務所開設
2012年株式会社ZOZO(旧商号:スタートトゥデイ)(東証1部)社外監査役(現任)
2013年法政大学法科大学院兼任教授(国際取引法担当)(2016年春学期まで)
2013年株式会社ソラスト(東証1部)社外監査役
2013年株式会社アドベンチャー(東証マザーズ)社外取締役
2015年ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ法務委員(現任)
2018年宇都宮・清水・陽来法律事務所開設
2018年ラクスル株式会社(東証1部)社外監査役
2019年ラクスル株式会社(東証1部)社外取締役(監査等委員)(現任)
2020年平和不動産株式会社(東証1部)社外取締役(現任)
2021年ぺプチドリーム株式会社(東証1部)社外取締役(監査等委員)(現任)
2021年一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン理事(現任)
主な取扱業務
M&A、企業再編(スキーム検討、デューデリジェンス、契約交渉等)、各種国際取引(契約交渉等)、ベンチャー企業支援(IPO支援、ガバナンス整備支援等)、不祥事対応・コンプライアンス、コーポレートガバナンス、上場会社開示規制、各種訴訟・保全等の裁判対応
著書・論文
旬刊商事法務No.1834 「議決権種類株式の上場に関する制度要項について」
旬刊商事法務No.1868 「上場制度整備懇談会『安心して投資できる市場環境等の整備に向けて』の概要」
講演・セミナー
2017年12月5日 公認会計士協会組織内会計士研修会「企業の長期的価値を高める業績連動型報酬(新しい株式報酬を中心に)」

PAGE
TOP